理科実験

こんにちは。

先日の公中検模試に電気回路の問題が出題されました。復習する宿題を出しましたが、ノートを見る限りでは理解度がいまいちだったので、実際に回路を作ってもらいました。

豆電球2個と乾電池1個を使い、スイッチON・OFFで豆電球の明るさが変わる直列回路を作れがミッションです。意外と難しかったようで、時間内に完成したグループはいませんでした。

理科は自然と人間生活の学問なので、日常生活にたくさんちりばめられています。洗った食器を置く場所1つ取っても、水がシンクに流れ落ちるよう勾配が工夫されていたりします。身の回りの理科要素に気付いて欲しくて、よく生徒に「自分で考え、1から料理をしなさい」と言っています。が、残念ながら実践している男子はまだいないようです・・・。

昔はあれやこれやと苦労しながら行ってきたことも、最近の家具や文房具はすでに工夫されているので頭を使う余地が無くなっているのかなぁ、と年寄っぽいことを考えてしまいました。

若井雄司

最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

〒 184-0011 小金井市東町4-41-1

TEL : 042-316-1034

FAX : 042-316-1737

Mail : info@darwin-tokyo.com

わかる + できる = 『おもしろい』

  © Copyright ダーウィン進学教室